信販系キャッシングと銀行カードローンの違いについて

お金を借り入れる方法は2種類

お金を借りる時はカードを使って行うことが多いです。
カードを使えば手続きが簡単になるので、借入をするときはカードを使うことが多いです。
そしてカードを使う借入としてはキャッシングとカードローンがあります。
本来キャッシングとは口座からお金を引き出す意味で、カードローンはローンを組む事だったのですが最近は違いがなくなってきました。

銀行カードローンは手軽で借りやすい

今はこの2つの言葉の違いはなくなりつつありますけど、キャッシングやカードローンをする時はまず借りる場所を考える必要があります。
お金を借りれる金融機関は多いですが、借りる人の信用によって借りやすい場所が決まっています。
収入が多く信頼が高い人ならば銀行のカードで借入れをするといいです。
銀行は金利が安く支払いも簡単で、更に借入限度額も大きいので一番有利な借入先です。

信販系キャッシングは収入が低くてもOK

そしてそれほど収入がなく信用に自信がなければ信販系で借りるといいです。
信販系の金融機関は審査は緩めですが、金利はかなり安いので銀行で借りるのが難しい方に向いています。
消費者金融系の借入は信用が低くても借りることが出来、安定した収入があればほとんどの方が借りることが出来ます。
最近は消費者金融も金利が下がってきているので、場合によっては銀行で借りた時と変わらないことがあります。

リボルビング払いに気をつけて!

キャッシングやカードローンで気をつけるべきことは、リボ払いになっていないかを調べた方がいいです。
これは商品を買う時に使った場合でお金の借入ではないのですが、カードを使って商品の支払いをする時にリボ払いになっている事があります。
リボ払いは便利な支払い方法ですが返済額が小さいので、長期的な支払いになりやすいです。
そして長期的な支払いになると金利負担が大きくなるので、注意しておいたほうがいいです。